2019年07月13日

連休明けに富山の展覧会場に向かいます。

恒例になった富山大和アートサロンの個展を7月17日〜23日まで開催します。
作品36点揃えて展示させて頂きます。
富山は毎年ご来場くださる方々もおられ、お会いするのを楽しみに行かせて頂いています。
富山は美味しいものがたくさんあり、毎回少し体重が増えて帰って来る若干危険な場所。
今年は少し気をひきしめて行ってきます。
img410 2019富山大和.jpgimg410 富山2019.jpg
posted by キルトアート工房 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2019年07月08日

八ヶ岳 箱展を終えた

CIMG4808.JPG












八ヶ岳倶楽部ステージに於いての「箱/haco」五人展を終え7月3日に帰阪。
4日は東京教室がありハードな日程をクリアして久し振りの工房である。
八ヶ岳は雨も多く寒い日が多かった。
その為か来場者も少なく閑散としたエリアを散策し、結果保養してきた。
往路は中央道へ入った辺りのサービスエリアで忍者の格好をしたカナダ人(本人は頑としてケベック人と主張)のヒッチハイカーを乗せ駒ケ岳サービスエリアまで。
お陰で退屈しのぎが出来た。
小淵沢で東京からの飾りつけ手伝いを希望してくれたKさんをピックアップ。
5時頃会場に到着。すでに岡本さんは到着していて飾りつけを始めていた。Kさんのお陰で3人分の作品も7時過ぎ頃には順調に飾り終えた。
雨模様で寒い八ヶ岳の展覧会がスタート。
箱というキーワードで集まった作品が全て並ぶと流石に現代アート然とした会場になり素晴らしかった。
途中、土曜日から三原到着。日曜日に薄ムさん到着。全員揃うはずが残念ながら岡本さんは仕事の為飾り付けが終わった時点で帰阪した。

作品展の会場は適不適がある。
残念ながら今回の「箱/hako」五人展は不適切に終わった。
新たなジャンルのプレゼンだったが残念である。
また新たな場所で……とも思うが僕にはそのエネルギーは残っていない。
またいずれ別の場所で個人的な発表はするつもりである。
今回、新たに作ったトルソは13体。100体を目標に掲げているので100体仕上がった時点で考える。

IMG_4264.JPGIMG_4267.JPGIMG_4268.JPGIMG_4270.JPGIMG_4271.JPGIMG_4275.JPG
posted by キルトアート工房 at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2019年05月30日

山梨・八ヶ岳倶楽部 ステージに箱のアート作品が集まります。

img394 八ヶ岳5人展.jpgimg395 八ヶ岳切手面.jpg
2019年6月27日(木)〜7月2日(火) 山梨・八ヶ岳倶楽部 ステージにて「箱/haco」というコンセプトの五人展を開催します。
箱自体に不思議を感じます。箱の中の不思議な世界。果たしてどんな作品が集まり、どれだけの事を物語るのか楽しみです。
出品作家たちは 薄ム健作 岡本智晶 法嶋次郎 三原薫 米倉健史の五人。
それぞれに通常は椅子・テーブル・器・花器・オブジェ・キルティングアートなどの制作発表を続ける人達。また異業種の傍らの制作者も居られます。
今回、遊び心から生まれた作品達をご紹介。
ご覧頂いた方々に楽しんで頂き、お手に取って頂けると嬉しいです。
夫々の作家達の日頃制作している作品も少量ですが展示させて頂きます。

他の作家達は多忙ゆえの常駐はお約束できませんが米倉は常駐の予定です。
気候もよく緑豊かな林の中のステージへご来場お待ちしています。
posted by キルトアート工房 at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2019年05月23日

腱鞘炎と闘いながら木彫りのトルソー制作中

1557572794214.jpg
















八ヶ岳倶楽部の「箱/haco」五人展のDM作成が済み印刷へ回した。
どのような作品が集まるのか楽しみと不安が交差している。
あまり評判は良くないが木彫りのトルソーが4体出来上がり5体目彫っているが失敗。
修正しながら彫を続けている。
キルトの作品も数点出すことになっているので小さな新作を出すことにした。
たまたま面白い額が手元にあった
昨日2点仕上がったがタイトルはまだ決めていない。
また木工作家とのコラボレーションも遊びで出品する。
いい季節なので多くの方々に見てほしい展覧会である。
DMは診察が出来上がり次第UPの予定。

KIMG1207.JPGIMG_4249 (2).JPGIMG_4247 (2).JPG
posted by キルトアート工房 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2019年05月10日

元号が変わる良き日に催した「彦阪泉と米倉健史の二人展」を終了した。

KIMG1231.JPG












青山サロンドフルールに於いての二人展を終えて帰ってきた。
多くの方々に支えられて活動させて頂いていると実感した会期であった。
私はすでに次のステップへと進んでいる。
会期半ばで身近な人がDVを受けたと連絡が入り激怒と困惑を抑えながらの後半は心痛めながら過ごした。
隠すことではないと敢えて公表に至った。絶対に許す事柄ではないと考えている。
早急に帰阪すべきを抑え勤め上げて帰ったが疲労感が倍増、今日に至っている。

会期はゴールデンウイークにも関わらず盛況で、再度二人展を計画している。
現在は6月の八ヶ岳倶楽部に向けて態勢を整えている。
八ヶ岳倶楽部は「箱/haco」5人展である。DM作成を任されている。
まとめるのに集中力が散漫では進行しない。落ち着いて前を向いて進みたい。

気温も上昇、いよいよ夏になる。

KIMG1230.JPGKIMG1227.JPGKIMG1225.JPG
posted by キルトアート工房 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2019年04月05日

平成の終わりと令和の始まりにかけて二人展

5月のゴールデンウイーク真っ只中、平成の終わりと令和の始まりにかけて二人展を開催します。

彦阪泉/2020年 カレンダーのためのキルティングアート新作
米倉健史/新作キルティングアートと版画シルクスクリーン

会場:南青山 画廊サロンド・フルール
会期:4月30日(火)〜5月5日(日)11:00〜18:00(最終日は17:00まで)

ご来場をお待ちしています

img388.jpgimg389.jpg
posted by キルトアート工房 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2019年04月03日

変動

KIMG1110.JPG
















何時の間にか4月を迎える
世間は令和で盛り上がっている
何かが変わるのか
冷ややかな自分がいる

寒い日が繰り返し襲ってくる
心未だ解けず
心開いて
春風を受け止めたい

KIMG1096.JPG
posted by キルトアート工房 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2019年03月13日

春が近づき今日はだいぶ暖かい。

KIMG1043.JPG
















久し振りのUP。
少し先の予定に向かって制作していた。
本来は年頭にテーマ設定をして年間の作風をイメージし絵を描いていたがここ数年できなかった。
次へ進むにはそれを明確にしなければ……と思った。
もう少し心軽やかに描きたい。
多分、私の作品は「穏やか、優しさ、温かさ」を受け止めて頂いていると感じている。
それを根底に自覚しながら描いていたかというと、そうでもない。
現実の諸々はイメージ困難にさせ事柄が多すぎる。
少し本来の心解きほぐし心大きく「穏やか、優しさ、温かさ」を自覚して解釈して絵に向かいたいと思う。
自分自身の内面の問題だから極端に作品は変わらないと思うが、不本意に作り上げる事は止めたいと思う。
年齢が年齢だからと大人ぶらないで「人生は」などと考えず、少年の様な心を取り戻してみたい。
それが自分の作風に合っていると思うから。子供帰り(!?)ってことか?
夢とか希望とか、やはり見続けて行きたい。
悲しさ、苦しさの現実を見ながら、本当の夢のような希望の光を求めた絵は描けない。
肩の力を抜いて、少し気楽に絵が描けると幸せである。

久し振りに公園の遊歩道の花を愛でることが出来た。
次に向かって5点の絵が描けた。

KIMG1045.JPGKIMG1046.JPGKIMG1049.JPGKIMG1051.JPGKIMG1052.JPGKIMG1053.JPG
posted by キルトアート工房 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2019年03月01日

アトリエの斜向かいにあるマザームーンカフェで食事。

KIMG1026.JPG












2月28日、岡山のGさん、広島のAさん、尾道のKさんがアトリエに来られた。
GさんAさんは池袋にもお越し頂いたのにさほどのお話も出来ず、お構いできなかった。
今回お越し頂いてたくさん歓談できよかった。
アトリエの斜向かいにマザームーンカフェがある。近すぎて中々利用していなかったが昨日は皆さんと夕食。
ゴルゴンゾーラのピッツアと久しぶりの赤ワイン!?久し振りでもないか……。
美味しくいただきながらの歓談は7:30頃まで続き皆さん遠路の帰路に着かれた。
そろそろお絵描きモード再来年のカレンダーに掲載予定の作品である。
今回のテーマというか構想では色調の脱却、新たな雰囲気が出せたらと思案中。
posted by キルトアート工房 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2019年02月25日

今週は二桁の気温が続きそうな。

KIMG0994.JPG












緩やかに春が近ずいて来る。
今年は梅の花を見ることが出来ないかなぁ〜と思っていたら、枚方のギャラリーにお誘いがあって、枚方公園まで足を延ばし観梅することが出来た。
部屋に籠り気味で、もやもやザワザワの日々を送っていたので少しスッキリした感。

IMG_4229.JPG
















そんな最中、春が近ずいているのに今日は秋が近ずく絵「清秋」が完成し額装した。
いつもの事だが真夏に雪景色やクリスマスの絵を描いたり真冬に盛夏の潮の香り漂う絵を描くことが多々ある。
奮起して創作に向かおう。
東京から帰って、やたら煙草の量が増えているようである、と他人事のよう。

木彫りで裸体(トルソ)を……と思う。
箱のオブジェにも取り掛からなければ、6月の展覧会に向けて。

KIMG0997.JPGKIMG0989.JPGKIMG1001.JPG
posted by キルトアート工房 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記