2016年09月30日

八ヶ岳倶楽部を終えて帰った。

八ケ岳倶楽部・ステージで開催していた二人展を終え昨日帰阪した。
行きは台風を追い越さないように静かに向かった。
名古屋で一泊し、美味しいワインを求めて小渕沢へ。

CIMG4532.JPG












例年立ち寄っていたワインショップがクローズしていて結局買えなかった。
遅い昼食を求めて富士見町の「おっこと亭」の“きりだめ蕎麦”を食べて甲斐大泉へ。

CIMG4556.JPG












飾り付けの為、夕方6時頃会場へ向かう霧の中、突然2頭の鹿が車の前を横切った。
もう少しスピードが出ていたら大変な事になっていたかもしれない。
天気はよくなかったが初日の山梨テレビの取材なども有り来場者はまずまずだった。
毎回、顔を見せて頂く平田さんご一家が初日ご来場、竹須夫妻もお手製生ハムと美味しいワインを提げて来場。
たくさんの方々にご来場頂き感謝の気持ちでいっぱいである。
林の中のステージが雨と霧に包まれている様はとても素晴らしい。

CIMG4552.JPG












今年は草の屋根にミツバチの巣箱が設置されていた。
CIMG4579.JPG












CIMG4544.JPG












木々の肌、葉っぱが濡れて輝いて活き活きと見える。なんだかとてもホッとする。

CIMG4594.JPG












木陰で雨を避けるようにベニテングダケが自生していた。
晴れた日は一日だけだったと思うが、一週間はあっという間に過ぎた気がする。
CIMG4560.JPG












CIMG4583.JPG












最終日、法嶋君夫妻がテラスで即興ライブ、法嶋君のギターと奥さんのノコギリ音楽(ミュージック ソー)で「星に願いを」など2曲聴かせて貰った。
次の来阪の折は、機会を設けて皆さんに声を掛けてLiveをやろう〜!と話はまとまった。

帰りは駒ケ根で高速を降り法嶋宅を訪ねた。未完成の法嶋邸まだまだ大変な状況のようである。
木っ端を頂き帰路へ。時折の小雨も問題なく快調に帰って来れた。
http://www.yatsugatake-club.com/stage/dayori/2016/09/23-dayori-0811.html
posted by キルトアート工房 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2016年09月20日

台風だが山梨へ向かう。

台風16号の影響で「避難準備」の警報が携帯に通告され、次第に強い風が窓を鳴らしている。
今日は八ケ岳に向かう予定である。
早目に行くのも良いかも知れないが、中心が通り過ぎる夕方辺りに出発しゆっくり名古屋を目指す。
何となく気持ちが落ち着かない。
しかし明日は飾り付けである。慌てないで行きたいと思う。

今日、八ヶ岳から“白樺が色付き空気が秋に……”と手紙が届いた。
やはりこの界隈とは随分違う様である。
台風のせいで気温はいくらか下がっているが、これが過ぎるときっとまだまだ暑い日が続くのだろう。

よりあえず、名古屋へ向かう。

040 縮小.jpg













032 縮小.jpg












画像は3年前のもの。
八ヶ岳倶楽部・ステージと遠景の富士山。

www.yatsugatake-club.com/stage/index.html
posted by キルトアート工房 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2016年09月16日

修理中

昨日の茨木教室のメンバーは来月コラージュをやる事になった。
それぞれがマリクレールの本をお持ち帰り。
大まかなイメージを持ち寄って貰う。

CIMG4527.JPG
















クリスマスのpart2が貼り上がった。

CIMG4529.JPG












BOXのカバーなしの箱が少し壊れたので修理をしている。
そろそろ本気で大全紙に取り掛からねば……。
posted by キルトアート工房 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2016年09月15日

眠い……。

いくら寝ても寝足りない。秋眠暁を覚えず、春とか秋とか殆ど関係なくよく眠る。
朝晩が少し涼しくなると最高である。
よく食べて、時折よく飲んで、なかなか痩せる間がない。
間もなく(20日)八ケ岳へ向かう。1週間余り、出来る限り粗食に努めるつもりである。

今日は茨木教室から5名ほどの方々が来訪される。
何をお話ししようか。

CIMG4526.JPG
















後半へ向かって小さなクリスマス作品が貼り上がった。
リニューアルで手直しと色変えしたので全く別の作品になった。
posted by キルトアート工房 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2016年09月13日

講習日

CIMG4519.JPG












秋の虫が鳴いている。草萩が雨上がりに勢い咲いている。
勝手に思い込んでいるマルバカエデがいよいよ黄味を帯びている。
少し採取してシリカゲルと一緒にジップロックに。

CIMG4521.JPG












今日はChristmas Boxの講習日。
小○幸○が受講してくれマンツーマン。
途中太田さん来訪、お茶などしながらお喋りなどしながら5時前に完成。
なかなか可愛いBoxが出来上がった。
何の決めごともなくアバウトのみのモノ作りはやはり楽しい。
画像:小○幸○の仕上がったBox作品。

CIMG4525.JPG

posted by キルトアート工房 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2016年09月12日

グラッパ

CIMG4518.JPG












10日の土曜日Wさんがご来場。ランチタイムでもあったのでお誘いして三原と三人でワインで乾杯。
三原のリクエストで「蛸とシメジ、アラビアータのパスタ」ワインは弱炭酸の赤。
Wさんは展覧会場で時々お会いする位でゆっくりお話し出来たのは今回が初めてだった。
年々、お酒が入ると饒舌である。ほぼ4時間ほど飲んで食べて喋って限がないのである。
「酒飲みになった話」「パスタの話「絵の話」最終はグラッパの話になるのである。
グラッパはどこにでも売っている酒ではない。近くに酒屋さんがあって何故かそこにはリーズナブルなグラッパがある。
近辺の開発に伴い「移転されるのでは」と心配して先日買い物に行った折、お店の人に声をかけた。
その酒屋さんは移転するどころか、その場所で拡張を考えておられるとか。
少し前グラッパを買いに行った時「これで最後です」と云われていたが、後で棚を見に行くとたくさんのグラッパが並んでいた。

CIMG4517.JPG












以前空けたグラッパの変わり種空き瓶が見つかった。クジラの尻尾のオブジェが瓶の中にある「ALEXANDER」の「Moby Dick」でシリアルナンバー4324。
何だか特別なグラッパのようである。如何なる経緯で我が手元にあるのか全く記憶にない。困ったものだ。
posted by キルトアート工房 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

白い彼岸花

髪の毛が大分伸びて来たので今日は美容室の予約をした。

CIMG4512.JPG












公園の遊歩道を仕事場に向かっていると白い彼岸花が見事に咲いていた。
そろそろかな〜と気にはしていたが、ポツンと咲いている彼岸花に突然出会え嬉しかった。
毎年、全く別の場所に観察に行っていた。公園でもメタセコイヤの近くに赤と白が咲くが、今回はいつもの所ではない。
何方かが植えられたのかもしれない。花芽が3、4本出ている。楽しみである。

CIMG4514.JPG












先日、ポプラの花の事をブログに載せたが、あれは僕の感違いだったようである。
今日、赤っぽく咲いていたのを採集したら、カエデの翼果だった。
これはこれでとても美しいので早速シリカゲルと一緒にジップロックの袋に入れてみた。
このままの色をキープしてドライになってくれるといいが。

今日から大全紙の絵に取り掛かる。
posted by キルトアート工房 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2016年09月10日

思い出の花

クリスマスのリニューアル作品だが4点程描き、色も決めた。
展覧会を控えた1、2週間というのは落ち着かない。
幾つになっても成長していない自分に出会う。

CIMG4509.JPG












ヘクソカズラの花が昨日に比べると倍ほど開花している。
この花は郷愁をそそる。
長崎の思案橋辺りから鍛冶屋町通りを過ぎると寺町筋へと続く。
緩やかな坂道を進むと右側に幾つものお寺が並んでいる。
五つ目辺りに我が菩提寺がある。
この辺りのお墓は山の斜面に並んで立っているので、お寺さんで頂いた水を急な坂をお墓まで運ぶ。
途中、必ず2、3度休憩しないと辿り着けないのである。
山肌に沿った横道に入ると眼下に市街地の家々が見えその先には長崎港が陽を浴びて輝いている。
路傍に目を落とすとヘクソカズラが懐かしく微かな香りを放って鈴なりに咲いている。
お盆の頃には多くの提灯が並び、夜にはそこかしこのお墓で大人も子供も花火などをして歓声をあげている。
ご先祖と共にひと時を過ごす古くからの習わしだ。
ヘクソカズラに何処で出会っても必ず長崎のこの情景が蘇る。
posted by キルトアート工房 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2016年09月09日

昼夜の寒暖差が著しい。

漸く八ケ岳倶楽部出品作が揃い額装した。
この後10月、11月の絵画展にも出品依頼を頂き、クリスマスらしい小さめの作品を何点か描きたいと思っている。

CIMG4501.JPG












CIMG4503.JPG












公園の歩道には階段を6段ほど上がらいといけない。その為に市道と遊歩道の間には低い石垣がある。
石垣を這うように白い極小の花が咲いていた。三つ葉の葉っぱを持ち2mm程度の列を成して咲く白い花は綺麗だ。
調べてみたが残念ながら判明しなかった。
また、野草の前庭を持ついつものビルにはヘクソカズラがたくさん咲いている。
蕾がまだまだたくさんあるので満開時が楽しみである。

CIMG4504.JPG

posted by キルトアート工房 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2016年09月08日

ちょっと失敬して。

今朝は9時前頃雷雨があった。
雨が上がって出動。
お陰でいくらか涼しい。
遊歩道に風が通ると大粒の雫が。

CIMG4499.JPG












プロペラの様な実がたわわに生っている。
「ヒトハカエデ」「マルバカエデ」とか、どちらか分からないし全く同じモノかも知れないが実の形と色が可愛い。
何だか使えそうな気がする。
このままの色をキープする術を考える。
茶色に枯れた感じもいいと思う。
暫らく余暇が楽しめそうである。
posted by キルトアート工房 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2016年09月07日

季節の美味しいもの。

CIMG4496.JPG












昨日、熊本県の球磨郡在住の従妹から毎年恒例の梨が届いた。
「一勝地梨」は球磨郡のブランド梨である。実はとても大きく、糖度は少し控えめ(勝手な私見である)だか豊かな水分と食感は他の追従を許さない。
記憶は曖昧だが、肥薩線の温泉地人吉駅から3つか4つ八代駅寄りの所に一勝地(いっしょうち)駅がある。日本三大急流の一つ球磨川沿いにある一勝地は温泉地でもある。
とても小さな駅だが駅名が縁起がいいという事でスポーツ選手や受験生がお守りを求めて訪れるらしい。
熊本地震に続いて台風の襲来で心配していた。
球磨郡は熊本県の南、宮崎や鹿児島寄りでもあり、地震の被害や台風の影響もあまり受けなかったようである。
心して頂きたいと思う。

IMG_3670.JPG
















小さな秋の作品が仕上がっている。八ケ岳倶楽部の二人展に出品する。

IMG_3672.JPG

posted by キルトアート工房 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2016年09月06日

少しずつ季節が進んでいる。

そろそろ八ケ岳倶楽部に向けての準備。
主要な出品作品を選んだ所である。

CIMG4485.JPG
















新船場のアートヒル界隈の街路樹は銀杏、柳、プラタナスである。
プラタナスの幹には面白い模様が入っているモノと、一般的な樹木と変わらない幹があるようだ。
大きな葉っぱをつけたプラタナスは冷たい風が吹き始めると、茶色く染まりカラカラになって歩道を埋める。
歩くたびに「ガサガサ、グシャッ」と大きな音を発し、冬の到来を告げるのである。

CIMG4493.JPG












CIMG4494.JPG












遊歩道には「ムラサキシキブ」が色付いている。
今朝はツクツクボウシが1匹鳴いていた。暑くなりそうである。

CIMG4491.JPG












部屋のウンベラ―タの芯目がカラーの花の様に開き始めた。
posted by キルトアート工房 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2016年09月05日

台風一過…また次の台風。

3日(土曜日)最近知り合った西山さん、酒井さん、といつもの太田さん、彦阪の5人でランチパーティ。
画像残せなかったのが残念だが太田さんの「今日は失敗やな〜のフォッカッチャ」(我々的には全然失敗ではなかった)と彦阪の渾身の作「鶏とエビの新鮮サラダ」(美的で美味しかった)と僕の「今日はちょっと手抜きになってしまった〜リンゴとゴルゴンゾーラのペンネ」、ビール2缶、ワイン2本、グラッパ1/2本。

CIMG4479.JPG












取敢えずペンネだけは画像に残していた。3時頃、彦阪が引け。6時頃お二人が帰られ、9時半頃「おいおい〜もうこんな時間?!」とお開き。およそ9時間、飲んだり食べたり喋ったりで過した事になる。
お陰で土曜日から昨日の日曜日はよく寝た。

CIMG4482.JPG












立て続けの台風で空模様も変化が激しい。今日の空は青さを深め秋の様な空だ。雲も風の影響で様々な変化を見せホッと眺めている。

CIMG4486.JPG












今日はコースを替えて仕事場へ。毎年出会うあの小さな朝顔が……名前は何と言ったか、多分「丸葉朝顔」だったか……たくさん咲いて既に萎んでいる。

CIMG4488.JPG












他所の駐車場のアスファルトの割れ目から10cm程の丈の韮花が咲いていた。他所のお宅の前庭には40cm程にも成長した韮花が咲いている。
韮花の形状が好きである。

CIMG4490.JPG
















「似たもの同士」という作品が貼り上がって刺繍糸の色を決めた。

だれも

知らず

だれも

振り向かず


と文章を添えた。
posted by キルトアート工房 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2016年09月01日

今日から9月。

CIMG4474.JPG












コラージュの教室だったが、今日の受講生は元々絵を描かれる方で、基本的なコラージュの制作をする必要を感じなくて、「絵に対する」話で終始した。
結局、雑誌を1冊差し上げて「作品出来たら見せてください」ということで終わった。
12月の「ジャンルを超えた作家集団のクリスマス展」に参加して貰えそうである。
その方が帰られた後オリジナルコースの受講生が来られた。

CIMG4475.JPG












毎日何をやっているのか……。
絵を描く事の苦しさを感じながらの日々よりも、楽しく描いている日々が欲しい。
と、……どうにもならない悩みを抱えもがいている。
この様な時期は「やるぞ!」と気合を入れても、気合倒れで一日が終わるのである。

夕方、外に出てホッとしながら帰路に着く。
時折少し冷めた風が明日のエネルギーを注入してくれる。
カレンダー12月の「ポインセチア」が貼り上がった。

CIMG4477.JPG
posted by キルトアート工房 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記