2018年10月16日

東京教室、撮影所、美術館そして茅ケ崎東海岸。

KIMG0834.JPG












4泊5日の東京出張を終え昨日早めに帰阪した。
1日を有効に過ごそうと思ってはいるが、なかなか思うようには行かないのが常。
東京リゾートと割り切ってしまえば楽しいが、なかなか割り切れないことも多々あったりして精神的に疲れてしまう。
教室の受講生たちはほぼ皆さん真面目に自分の事として捉えラフスケッチを描いて来られしっかり拝見してきた。
来年の秋を目指して頑張ってほしいと思う。
マンツーマンで9名ほどの人達に対していくと結構エネルギーを消耗する。
真面目に相談する方には真面目にお応えするのが当たり前。
皆さんベストな作品を目指してほしいし、サポートするのが自分の役目だから、と真正面から受け止めている。
2日目、3日目は某CM制作会社の依頼で撮影所入りだった。
全く別世界、別次元でお受けしたことを後悔している。
4日目は興味ある展覧会に誘ってもらい茅ケ崎美術館へ。
小原古邨の木版画。田中一村に通ずるところもあり興味深く拝観した。
自分自身の作品は日本画的画面構成と感じている。
モチーフと空間の捉え方はそのあたりが基盤になっておるように思うが、まだまだ未熟で無駄も多いと自覚。
小原古邨の作画、版元が抱える彫師、摺師のレベルの高さを目の当たりにして、失われていく日本人独特の感性に一抹の寂しさを感じた。
海岸が近いという事で東海岸へ。貝殻を探したが残念ながら皆無だった。
今回の宿泊は初めての西新宿。
ホテル側は下町感漂う雰囲気だったが、大通りを挟んだ向かい側は森の向こうに都庁の頭が見え、交差点の交番が素敵だった。

KIMG0836.JPGKIMG0839.JPG
posted by キルトアート工房 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184693925

この記事へのトラックバック