2018年11月02日

息抜きのつもりで始めたオブジェが本気モード。

毎日のアトリエ徒歩通いのお陰か脚の筋肉復活の兆し。
体重も落ちたお陰で今までより軽快に歩いている感じだ。
いよいよ11月に入りキルティングの作品も順調に完成している。
去年の作品よりも少し無駄な力が抜けて明るくソフトな日常的風景画になった気がする。
KIMG0846.JPG











最近は箱のオブジェ制作の日々。ベースの彫り込みに勤しんでいる。
これがなかなかの曲者で、カッターで切り込み線をいれたものの、とても見え辛い。
5mm角の市松模様が光の加減で見えたり見えなかったり。
目の筋肉が悲鳴を上げる。4、5マス彫ると10分休憩、そして再び格闘する。
夕方近くになると切り込み線はほとんど見えなくなって来る。
しかし、作業を続けて行けばいつか終わると思い頑張る。
箱のオブジェは息抜きのつもりで制作し始めたが、ちょっと息抜きできない状態だ。
KIMG0857.JPGKIMG0859.JPG

























明後日は久し振りの倉敷である。
posted by キルトアート工房 at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184845922

この記事へのトラックバック