2017年11月17日

Christmas Exhibition 2017 に向かってBoxを作った。

KIMG0195.JPG
















疲れが取れ切れないままBOXの制作に取り掛かった。
今月27日からスタートするCnristmas Exhibition 2017 に出品するBOX。
「Sea Flowers in Ishigaki Island vol.T」という。
貝殻は石垣島の黒島、砂は石垣島、流木は沖縄本島・恩納村ビーチ、白樺の葉は八ヶ岳倶楽部・ステージと脈絡がないが、最初のイメージ通りに作った。
キルティングの作品も終盤に入り「Island」が縫製に取り掛かられている。
KIMG0194.JPG
posted by キルトアート工房 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2017年11月16日

「Christmas Exhibition 2017」

img127.jpg
















様々なジャンルの作家が集う恒例のクリスマス展
今年は賑やかに25名からの贈り物をお楽しみください

11月27日(月)〜12月3日(日)
11:00-19:00(土・日は17:00まで)

最終日17:30からクロージングパーティ&忘年会。
1品持ち寄りで何方でも参加出来ます。ご一報頂けると幸甚です。
「ビートルズ ナンバーのLive」で宴。 乞うご期待!

引っ越しに伴い恒例のクリスマス展は今年が最後になるかも知れません。
皆様どうぞお越しください。
posted by キルトアート工房 at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2017年11月15日

2017年度、最後の展覧会「西武池袋・絵本原画と新作展」を無事終えて帰阪した。

KIMG0167.JPG









絵本の原画が展示できたお陰で会場はすっきりと飾ることが出来た。
ご来場の方々も多く、和んで頂いたご様子。
皆さん、1点1点じっくりご覧になるご様子は何処の会場でも同じ。
自分の手法・表現は間違いではないと今更ながら勇気を頂いている。
来年も「詩画集出版記念展」の計画を頂いた。
そごう西武のプロデュースをして頂いているN氏と今回お茶とタバコ吸いながらの歓談の機会があった。
いろいろご相談もし、計画も頂いた。
今年大変だったのは展覧会の回数が例年に比べて少なかった事。
来年、再来年と多方面での発表が実現の兆し。
しっかりと制作に励みたいと思う。KIMG0177.JPG









KIMG0166.JPG









KIMG0161.JPG









KIMG0160.JPG









KIMG0182.JPG









引っ越しも有ったりと忙しいが詩画集の新刊を早々に進行しようと思う。
ただ漠然と「77の物語・喜」というタイトルで77点の作品を展開したいと考えている。
まだまだこれから。作品を選んだり詩もrewriteするかも知れない。
忙しいが負けないで頑張らねば。

KIMG0186.JPG
















1週間の東京生活は、朝食を済ませ会場へ行く前にホテル近くの「カフェ ベローチェ」でカフェオレとホテルで吸えなかったタバコを数本。
毎日同じテーブルに座り周囲を眺めていると、ほぼ毎日が同じ時間帯だったので、同じ顔触れの人達がやはり同じテーブルでタバコを吸いながら本を読んだり、新聞を読んだり、タブレットに向かっている。
「また来年、同じ人達と此処で出会うのかも知れない」と共有したそのひと時を楽しんで見ていた。
KIMG0174.JPGKIMG0175.JPG
















1週間の内3日は呑兵衛の方達と会食。他の日はディープな池袋の食事処を探索。
高田屋という美味しいお蕎麦屋さんを見つけた。蕎麦と焼き鳥の店だった。
倉敷で同じ店名の焼き鳥屋さんがあって同じロゴタイプだったので同系列のお店かも知れない。
14日の最終日は関係者の手伝いを頂き40分程で片付き、予定していた新幹線も2時間程早い列車に変更して帰って来た。
posted by キルトアート工房 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2017年11月06日

いよいよ明日は西武池袋本店アートギャラリーの設営。

アートギャラリーの平面図を見ながら大まかな作品配置を決めた。
昨年は創作40周年という事で、1970年代に描いた「Beatls / Ticket to Ride 」というロットリングで描いたB全サイズの点描画を始め、数点の点描画や箱のオブジェ等65点を展示した。
とても多かったので今年は47点に絞った。内6点が箱のオブジェ。適量かと思っている。
今年は絵本「僕の名前はスケアクロウ」の原画が9点あるので構成は割合容易い気がする。
5時頃に現場に入ればいいのでゆっくり目の東京行きとなる。
KIMG0159.JPG
















朝晩の冷え込みで周囲はいよいよ冬支度。
遊歩道の桜の葉っぱも散り始め、側溝を埋めている。
ほんの4、5日前まで鮮やかな紅葉を見せていたのだが。

今年最後の展覧会。
軽井沢から久し振りの人も訪れてくれるらしいし、FB繋がりの方もお越し頂くようで楽しみである。
1週間頑張る。
posted by キルトアート工房 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2017年10月31日

漸く西武池袋・アートギャラリーの個展[11/8〜11/14]に出品する箱のオブジェが完成した。

諸事山積に慌しくしていた10月後半、明日から11月。池袋出品作品もまとまった。
今月27日には外部スタッフで頑張ってくれている松本市在住のM・Iが久し振りにワインを提げて来訪してくれた。
K・MとT・Kが参加のランチタイム。得意の「モッツァレラチーズとトマトソースのパスタ」に腕を振った。
結構美味く出来たとお褒めの言葉を頂きながら歓談は続いた。
KIMG0153.JPG
















今年3月に催した法嶋二郎・三原薫・米倉健史による「3月の箱展」の際、未完成で出品した「MARSの部屋」が漸く完成した。
ここ数日、集中して制作できたお陰で西武池袋に出品できることになった。
もう一点「一輪の花」というタイトルの貝殻・Sea Flowerの極上のモチーフで考えていたが間に合わなかった。
次回出品できるよう制作したいと思う。
日毎寒くなり体調を万全にして東京に向かいたいと思う。

KIMG0158.JPG
posted by キルトアート工房 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2017年10月25日

39年前、リチャード・ギアの主演映画「天国の日々」から、絵本「僕の名前はスケアクロウ」は生まれた。

絵本「僕の名前はスケアクロウ」の原点は1997年〜2000年に制作した「Heaven・四季」にある。
その作品は4点とも現在手元にはないが、西武池袋本店の展覧会案内状作成の折ポジフィルムが出てきた。
とてもシンプルだがお気に入りの作品達だった。
「Heaven」は映画を観て感動し、イメージが広がり作品化した。
その映画は、1978年に放映されたアメリカ映画「天国の日々」。
リチャード・ギアが主演のとても美しい映画だった。
ストーリよりもその美しい映像に魅了されてしまった。
男性一人、女性二人の季節労働者が麦刈入れの繁忙期にテキサスの大農場を訪れ、働く日々の中で展開する人間模様が描かれていた。
夕日を浴びて黄金色に輝く麦畑、舞い上がる無数の麦葉や粉塵の中、多くの人達の働く姿が小さくシルエットになっていた。
その映像は今でも心の中に残っている。
自分なりの「天国の日々」を描こうと思ったのは自然な流れだった。
img123 - コピー.jpg








img124 - コピー.jpg









広大な原野に人の営みがある。静寂の中の豊かさ。
緩やかに流れるような四季の移ろい。
小細工なしのシンプルな絵「Heaven」の春夏秋冬は生まれた。
そして「僕の名前はスケアクロウ」へ続いた。
img125 - コピー.jpg








img122 - コピー.jpg
posted by キルトアート工房 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2017年10月18日

今日から大丸京都店アートスポットの個展が始まる。

image2.JPG












image2 (002).JPG












急に寒くなって衣替えの機を逸してしまった。
出かけるのに急遽冬物のジャケットを引っ張り出している始末。
夏が苦手になってしまって、冬も特に苦手になりそうである。

KIMG0146.JPG
















界隈の開発が日々激しくなっている。
解体工事、掘削工事で重機の稼働音で一日中雷が鳴っているような音が締め切った窓からでも大音量で聞こえる。
夜は工事中の赤いランプが点滅して、いつもの景色とは全く異世界になっている。

漸く小さな作品を4点描いた。
そろそろ箱のオブジェに取り掛からねば……。
posted by キルトアート工房 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2017年10月16日

雨が降って寒い・

KIMG0143.JPG
















昨日は日曜日にも拘らず池袋西武の野口さんが雨の中ご来訪。
西武本店アートギャラリーの大まかな飾り付けの打ち合わせ。
M50号の「霧の星/Dlifting Ship」を会場入り口のショーウインドに飾ることにした。
飾り付けはスタッフの皆さんにお願いするが立ち合いは私一人。
速やかに飾れるといいが。

KIMG0140.JPG
















土曜日、久し振りに太田さんが来訪。
私担当の「キノコのバルサミコソースのパスタ」
太田さんの「フォッカッチャ」そして持参のワイン。
ほぼ6時間ほど飲んで食べて喋り込んだ。
数少ない男友達との会話は止めどなく続いた。
引っ越しの手伝いもお願いした。

明日は京都大丸の飾り付けに行く。
天気も良くないようだし少し早目に行った方がよさそうだ。
posted by キルトアート工房 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2017年10月07日

西武池袋本店アートギャラリーと倉敷バルチアンの案内状が届いた。

img108.jpg
















img109.jpg









10月26日(木)〜29日(日)まで開催する「米倉健史の風景・彦阪泉の花/キルティングアート展」のDMが届いた。
毎年、倉敷の森田酒造 平翆軒の2階にある「わがまま空間 破"流知庵 くらしき」というギャラリーでこの時期に開催する恒例展。
福山と倉敷の受講生の方達の作品と共に会場を飾る。森田さんのご厚意で長く続いている作品展である。

img115.jpg
















img114.jpg
















また、西武池袋本店6階 アートギャラリーに於て11月8日(水)〜11月14日(火)まで開催の個展。
[米倉健史キルティングアート展/絵本「僕の名前はスケアクロウ」と新作]展のチラシとDMも届いた。
去年に続いて2回目の展覧会である。
2002年12月10日に発刊した「僕の名前はスケアクロウ」は未完結のまま持っていた案山子の絵を、アートガーデン川崎で開催して頂いた作品展の折、川崎文化財団で急遽出版して頂いた絵本。
ストーリー的にはまだまだ掘り下げ内容を充実させたかったが時間がなく未消化の本になってしまった。時間があれば物語として完結したい作品たちである。
posted by キルトアート工房 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2017年10月06日

今日は寒い。

今日は朝からY'sピュアのオーナーとの面談があった。
今後お世話になるのでお会いして色々お話できてよかった。
またHPの再構築も考えていて来年からいろんな意味でリスタートとなる。

KIMG0136.JPG
















「充実の移ろい」が貼り上がり縫製に掛かっている。

received_1482272801857208.jpeg












大丸京都店アートスポットの告知が9日・10日(6回)ケーブルTVで告知して頂く事になった。
今回の京都展は20点ほどの展示で今後のプレゼンテーションという事になる。
まだまだ絵を描く状態にない。
posted by キルトアート工房 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2017年10月05日

さて どうする。

img102.jpg
















img102 A.jpg
















今年の残りの予定を確認して、冷や汗。
年末までの展覧会予定
10月18日〜24日 京都大丸アートスポット
10月26日〜29日 倉敷 破"流知庵
11月 1日〜12日 山梨・八ヶ岳倶楽部ステージ 「秋の絵画展」
11月 8日〜14日 西武池袋アートギャラリー
11月27日
   〜12月3日 ART FORM K'S 「ジャンルを超えたアーティスト/クリスマス展」
これで引っ越しの準備ができるのだろうか!
頑張らねば!!
posted by キルトアート工房 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

大丸心斎橋の展覧会が終了。

KIMG0123.JPG









大丸心斎橋店 美術画廊に於いての個展が終了した。
来年度は初夏の季節、5月23日〜29日に開催予定を頂いた。
夏男(最近は夏も弱くなったが)としては爽やかな夏の風景を……と思案中。
最終日、画商さんを始め画廊スタッフの方々6名で搬出作業。
15分程で片付いてしまった。
画商さんにお誘いを受け、ワインと炭火焼鳥のお店で打ち上げ。
その後、画廊のスタッフの方々と二次会。
二次会までお酒の場にお付き合いしたのは、我が人生の中で2度目であった。
さすがに二次会はパテを肴にワインで乾杯のみで退散させて頂いた。
KIMG0132.JPGKIMG0130.JPG
















今日は十六夜。
昨日まで麻のジャケットで済ませていたが、昨日今日と一段と涼しさが増し寒さを感じジャケットを替えた。
クリニックに向かう道沿いの家の雑然と並んだ鉢植えに今年も遅咲きの小さな朝顔が元気に咲いていた。
一度、品種をお訊ねしたことがあったが忘れた。
KIMG0134.JPG









KIMG0135.JPG









いよいよ、小作品の絵を描かなければ。そしてBOXも。
今は頭の中が空白状態。
考える事も多く、さて何から始めるか……。
KIMG0131.JPG
posted by キルトアート工房 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2017年09月28日

大丸心斎橋の個展がスタート。

昨日から心斎橋大丸展がスタートした。
飾り付けは画商さん始め画廊スタッフの方々のお陰で40分も掛からなかった。
さすがプロフェッショナルの集団である。
私の仕事といえば作品に添える詩を適所に置く事位であった。
完璧にお任せで配置された作品。変更することもなく飾って頂いた。
KIMG0125.JPG









KIMG0124.JPG









KIMG0122.JPG









KIMG0121.JPG









早めに会場を引け「食事を」と言って頂いた画商さんと心斎橋を南へぶらぶらと。
驚いたのは殆どの通行者が外国の人達。韓国や台湾からの観光客だろうか、ほぼ9割の人達がその様に見えた。
数十年前の心斎橋を知っている画商さんと私は「昔は…」「以前ここには…というお店だった」とか、変貌した心斎橋筋商店街を思い出話と共に歩いた。
画商さんの予約で到着した「kumin」というお店は10人程が座れるカウンターだけのイタリアン。
頂いた料理の全てが美味しく、仕上げはお店自慢のカレーだった。
よく喋り、よく飲み、食べて終電一本前の電車で帰宅時間は午前0時に近かった。
posted by キルトアート工房 at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2017年09月25日

多忙。

20日、義母が102歳で帰天された。大往生である。

KIMG0119.JPG









KIMG0117.JPG









KIMG0115.JPG









KIMG0114.JPG









今年のヒガンバナは其処此処に、例年に比べるととてもたくさん開花している・
今年は白のヒガンバナを多く見ることが出来た。
いよいよ、明日は心斎橋大丸の設営だ。
多くの方々と出会えることを願っている。

恒例の「ジャンルを超えた作家たちのクリスマス展」を11/27〜12/3まで工房ギャラリーART FORM K'Sに於いて開催することになった。
今年の工房はとても慌しくなる。
実は、ほぼ15年居た現在の工房を移転することにした。
現在の船場東3丁目から船場東1丁目に移転する。
現在の広いスペースを充分に活用できていないので少しコンパクトなスペースを探していた。
増えた諸々の品物も、これを機会に整理しようと考えている。
移転先のスペースはビルの5階だが、明るくて心地よく、上手くレイアウト出来れば展示会なども出来そうである。
posted by キルトアート工房 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2017年09月20日

お彼岸

KIMG0104.JPG









東京から戻って息つく間もなく細々とした事や大切な事が山積している状態。
少し解消し解放され「つぶやく」
今日は彼岸の入り。公園のベンチも衣替えして初秋の木漏れ日を受けている。
KIMG0105.JPG









KIMG0106.JPG









KIMG0108.JPGKIMG0109.JPG
















公園の遊歩道の草むらや木立の下に白い彼岸花や赤い彼岸花が咲いている。まだまだ蕾もたくさんである。
時間の経過が早すぎて一日に少しの事しかクリアできない。今日漸く11月開催の西武池袋展のDMやチラシのチェックが終わり進行し始めた。
まずは心斎橋大丸をしっかり受け止めなければならないが、新作の小作品やBOXの新作などやらなければならない事柄が気になる。
とりあえず一息ついて小作品をイメージしよう。
ひとつずつ片付けて少し休みたいが……無理なようである。

東京の明日館には黄色の夏ズイセンが美しく咲いていた。

KIMG0097.JPGKIMG0098.JPG


















posted by キルトアート工房 at 15:27| Comment(1) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2017年09月12日

いつの間にか9月。

KIMG0067.JPG
















9月に入って全くブログをUPしていない事に気が付いた。
なかなか思うように進行しないBOXの螺鈿が下部と左右の貼り込みを漸く終えもう一息というところ。
FBには一昨日画像と一言をUPした。
まだまだ進行真っ最中のキルティング作品が数点。
思っていた通りに配色の変化が目で確認できている。
今、工房も断捨離を考えたり出版物を考えている。
何とか年内に考えを具現化したい。

IMG_2009 (002).jpg
















KIMG0069.JPG
















KIMG0084.JPG1501656576623.jpg































朝夕は随分涼しくなり寝つきも多少はよくなっている。
明後日、東京教室に向かう。
帰ったら心斎橋大丸展への心の準備を……。
posted by キルトアート工房 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2017年08月31日

展覧会

八月も今日で終わりだ。
今日明日は夏も一休みで多少涼しいと予報。
部屋から外を眺めると日差しだけでも暑そうに見える。
反して部屋の中は涼風が微かに流れとても過ごしやすい。

img070.jpg
















img071.jpg













9/24〜10/3まで開催の心斎橋大丸の展覧会DMが届いた。
今までの工房制作DMと雰囲気が変わって新鮮である。
又9/20〜9/26まで彦阪泉参加の阪神百貨店出開催の「ブローチの森・秋」のDMも届いた。
晩夏から初秋に向かっての展覧会の始まりである。
どちらも皆様のお越しをお待ちしております。

img072.jpgimg073.jpg


















posted by キルトアート工房 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2017年08月29日

MARSの部屋

KIMG0060.JPGKIMG0064.JPG



















未完成で放置していたBOXの制作に取り掛かっている。
ようやく下部板に市松模様を彫り込み青貝の5mm角を貼り終えた。
後は左右に55mm×65mmを市松に彫り青貝5mm角を貼り、天板に直径15mmの丸を3つ処理が出来ると完成に近ずく。
まだまだってところだが、急遽キルトの小さいサイズの絵を描かなければならなくなった。
螺鈿は今まで極力綺麗な平面を目指していたが今回は敢えて荒っぽい感じにした。
仕上がると今までの作品より重くなると思う。
タイトルは「MARSの部屋」にしようかと思っている。
キルト作品「便り」が貼り上がっている。

KIMG0063 (2).JPG

posted by キルトアート工房 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2017年08月26日

くすんでいた看板。

KIMG0059.JPG









ここ数年、ずっと気に掛かっていながら中々手を出せなかった看板。
手作りでとても重い。
不要になった製図版(105cm×75cm)の一枚を着彩、格好のいい天然木に真鍮の文字を止付けたもの。
34、5年工房の玄関に置いている。
毎朝、目にしながら黒ずんだ文字が気になり「磨かないと」と思うまま二の次になっていた。
今日は意を決して実行することに……。
汚れを落とし錆取りを塗り込み乾いた布で拭き取ると輝きを少し取り戻した。
最初の輝きは取り戻せないが経過した年月分、拭い切れない錆もあるという事だろう。
ふと、自身と重ね合わせてみたり……。来週から玄関を飾る。
posted by キルトアート工房 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2017年08月21日

懐かしのワイン

KIMG0048.JPG
















19日の土曜日、画商のHさんが懐かしいワインを提げて打ち合わせにお越し頂いた。
2008年まで開催していた軽井沢「八月の美術館」の催しの折、差し入れで頂いたり、駅前の酒屋さんに買いに行ったりしていたのが長野・塩尻産の「五一ワイン」だ。
その頃,馴染んでいたのは通常のボトルに入ったもの。今回提げてきて頂いたのは一升瓶だ。びっくりした。
リーズナブルで昼間頂くには丁度いいデイリーワイン。3人でほぼほぼ飲んで少し残った。気が付けば6時前。
打ち合わせもそこそこに「詳細はFaxかメールで」と相成った。
五一ワインで思い出した軽井沢。
離れ山のスコルピオーネ、サンジェルマン、フレスガッセ、やおとく、浅野屋、入舟、信濃、アーティーチョーク等々、何故か思い出すのは食関係ばかり。
今はもう廃業されているお店もあるように聞いている。
毎年、お盆休みが終わる頃花火大会があった。お世話になっていた及川先生ご夫婦がポルトの特等席で食事をされながら花火を楽しんでおられるお姿を懐かしく思い出す。
深い霧の中に打ち上がる花火の儚さは格別であった。
posted by キルトアート工房 at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記