2018年12月07日

何かが少し変わるかも知れない2019年の西武池袋アートギャラリーでの個展。

KIMG0923.JPG









寒暖差が著しい一昨日と昨日、東京へ。
新幹線の窓から望む富士山も雲間に拝することが出来た。
展覧会の「形」の曖昧さを感じながら今日まで来てしまっている。
少し、ほんのもう少し何かが違っている気がして、しっかり対応してもらっている西武の部長さんに時間を作ってもらった。
2月の展覧会のため特別に手配して頂いたコピーライターの方と西武の部長さんと三者打ち合わせ。
色々お話したが、何かまだ足りない感じを残しつつ気になる教室へ。

KIMG0927.JPG









今回の教室はお休みの予定だったが、皆さんのイメージラフ、スケッチが気になり開講した。
まずまず順調な方々、もう一歩描き込みを望む方々、とりあえず少し見通しもつき、あとはご本人の熱意の問題。
「よいお年を!」のご挨拶で来年に託すことになった。
寒暖差の激しい昨今の日本列島。
恐る恐るの上京だったが耐えられないほども無く無事に帰阪。
箱の制作に取り掛かる。
posted by キルトアート工房 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2018年12月03日

今年最後の東京出張。

KIMG0919.JPG









本日、午前中に恒例の健康検診を受けてきた。
毎年、誕生月検診の知らせが市から送られてくるので毎年受けている。
申し込みがいつも遅れて12月に健康診断を受ける。
去年まで主治医が「脂肪肝がある」と警告。
今年は「お〜、脂肪肝がなくなっている」と云っていた。
引っ越しをしてから、キッチンがないので飲み会食べ会が極端に少なくなった。そのお陰かもしれない。
土曜日、格好いい自転車を入手した飲み友太田さんが美味しいワインを提げて来訪。
パンとツマミと三原持参のシーザーサラダで久し振りに盛り上がった。

今週は水曜日、木曜日と東京である。
木曜日午前中の打ち合わせ、午後から教室なので前日東京入りになった。
posted by キルトアート工房 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2018年11月30日

2018年の11月も今日で終わる。

KIMG0918.JPG
















今年も残り一ヶ月となった。
何か沢山の事をやってきた様で何も出来ていなかった様な、毎年一年の終わりを迎えようとする頃は「充足と反省」が交差する。
いよいよ寒さも日々感じて通う道の細やかな変化に細やかな感動を見つけたりしている。
箕面のアトリエ近くを通る御堂筋は本線から箕面の山麓まで街路樹は銀杏並木である。
箕面船場の本通りは、大阪市内の御堂筋に倣って街路樹は銀杏の木である。
美しい黄金色に映えて味気ないビル街に彩を与えている。
少し前に木枯らし1号が通り過ぎ、箕面山から吹き下ろす北風とビル風が界隈を包み込む季節。
残すひと月は、やり残している作品の制作と来年の計画に費やすことになる。
posted by キルトアート工房 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2018年11月27日

漸く箱のオブジェが完成。

IMG_4147.JPG













ああでもない、こうでもないと楽しんだ箱のオブジェが1点仕上がった。
タイトルは「Assemblage/Sea flower,15beach sands & Seed of Traveller's seed」と仮題をつけた。
来年2月のそごう西武池袋アートギャラリーに出品する。箱はあと2点の制作を目指している。
2020年用カレンダーの作品も現在7点が額装された。13点の内1点は初期の頃のパステルトーンを思い起こさせる作品になっている。
11月も下旬、来月20日頃には撮影の運びとなる。
画商さんがお茶を飲みに来訪。来年の心斎橋大丸が中止となった。
美術画廊の方向性が変わり、現代アートを主に展開することになったらしい。仕方のない事である。
新たな会場開拓になるので頑張る。

IMG_4148.JPGIMG_4151.JPGIMG_4152.JPGIMG_4153.JPG
posted by キルトアート工房 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2018年11月21日

大丸京都 美術画廊の個展を終えた。オーストラリアから8名のキルターもご来場。

大丸京都 美術画廊に於いての個展が20日に無事終了。
今年7ヶ所の展覧会は全て終了である。
京都も予想以上のご来場を頂いてよかった。
最終日にはオーストラリアのJeanさん一行8名もご来場。
4年前レッスンを受けに9名のキルターがアトリエに来られ、それ以来のお付き合いである。
タイトなスケージュールで3週間の日本滞在。
相変わらずアクティブなJeanさん。お会いできて嬉しかった。
京都は近い所だがなかなか行く機会がなかった。
今回で京都での発表につながるかも知れない。

KIMG0903.JPG
posted by キルトアート工房 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2018年11月15日

昨日14日、京都大丸美術画廊の会場へ、1日在廊

img350.jpgimg351.jpg




























来年の3月には北海道の美瑛に移住するSさんが早々にご来場。
北海道大好き、撮影大好きの女性である。
カメラを提げて思う存分素敵な画像を収められることと楽しみにしている。
初めて私の作品をご覧頂いた方々がほぼ全員。何度か発表の機会を頂きたい。
会場閉場まで画商のHさんとミーティング。鹿肉のソテーバルサミコソース、カキと九条ネギのトマトソースパスタ等をあてに2018年の新酒赤ワイン。
12時前の帰宅となった。
今日は工房でオブジェ制作である

KIMG0889.JPGKIMG0886.JPGKIMG0890.JPGKIMG0891.JPG
posted by キルトアート工房 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2018年11月13日

先ほど、14日〜20日まで開催の京都大丸へ向け画商さんが作品受け取りに。

CIMG4746.JPG












久し振りに公園の遊歩道を通ってアトリエへ。
ベンチは随分前から塗り替えられているが以前の古ぼけたベンチが良かった。
保護のためだから仕方ないが、以前のベンチが懐かしい。
ベンチの横の立派な桜の木が痛ましい有様になっていた。
誰が何のためにこのような事をしたのか……。
千枚通しかエアガンかはたまたボウガンか分からないが酷い事をする人がいる。
CIMG4747.JPG












今日、2点の作品を額装した。
ヒオウギ水仙は一度絵にしたかった花。
Kiwi Birdは少し前にアトリエに住み着いている…置物だが。
どこか共感するものがある。
夜行性、飛べない鳥、絶滅危惧種。どこか当てはまらないわけでもない気がして……。
飛べない分、他の鳥類より嗅覚が優れ脚力が発達しているとか。
IMG_4145.JPGIMG_4144.JPG






















気になっていたホトトギスの花を今日は画像に収めた。
今の季節、咲く花は少ない。ツワブキが元気である。
CIMG4748.JPG
posted by キルトアート工房 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2018年11月09日

2020年のカレンダー作品が続々。

仕上がったカレンダー作品4点を額装した。
続々と仕上げに入っている。
充分間に合うので次の作品は50号か40号の大作を……と考えている。
来年2019年の秋口には間に合いたい。最低2点程は欲しいが。IMG_4143.JPG
posted by キルトアート工房 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

雨のち曇りのち晴れ。14日から始まる京都大丸の作品が揃った。

KIMG0878.JPG












今日は雨だが好天気が続く最近。
次第に雨も止んで薄日が差して来そうな空模様。
心の中を漂うように存在していた灰色の雲が少しずつ晴れてきているようでもある。
ついつい弱音を吐く自分自身を叱咤して進めていた箱のオブジェ。
モデリングペーストを塗ったベースになる部分の市松模様が漸く彫り終わった。
青貝の薄いプレートは5mm角にカットも出来た。
いよいよ構成通りに作業を始めようと思う。
ここまで来るのに1か月弱掛かってしまった。
窓から見える駐車場前の樹木が美しく紅葉している。

IMG_4142.JPG
posted by キルトアート工房 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記

2018年11月05日

Jazzの流れる倉敷の町での展覧会を終えて。

KIMG0867.JPG












昨日、倉敷「破"流知庵」の展覧会が終了した。
ちょうど「町屋Jazz」というイベントが開催されており本町通りのあちらこちらでJazzの生演奏が開かれていた。
2001年に至光社より出版して頂いた絵本「うみのとびら」の出版記念に森田酒造の蔵の2階の大広間でJazz Liveの企画をしたことがある。
たくさんの人達が集ってくれ、その頃付き合っていたJazz torioを呼んだ。倉敷はJazzマニアが多く、ご当主もJazz大好きの人である。
その頃のことを懐かしく思い出しながら街に流れる生演奏を楽しんだ。
ご当主ご夫妻とは2年前に東京でお会いして以来、倉敷を訪れたのは6、7年振りだっただろうか。
作品の片付けが終わると、久し振りにお会いした受講生の人達と打ち上げの夕食会。今回は和食の宴。
ご当主にも夕食のお誘いを受けたが、先約を優先し次回改めて伺う約束をした。
また来年、同じ頃に催したいと思っている。
倉敷はやはり独特の雰囲気で、どこか懐かしさが漂う町である。

KIMG0862.JPGKIMG0874.JPGKIMG0865.JPG
posted by キルトアート工房 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき日記